ブロック塀に代わって、最近よく見かけるネットフェンスですが、装飾効果や目隠し効果はゼロ。
植栽の背景としては、ネットフェンスの支柱を生かしながら、
素材感あふれる本格的ウッドフェンスにリフォームできる優れもの。
施工も簡単で、DIYにも最適な画期的フェンスです。


メリット
(1) コンクリを練る必要がなく、施工が比較的カンタンなので、DIY初心者でもOK!
(2) 既存のフェンス支柱を利用して設置するので、退去時の原状復帰も可能です。
(3) とは言っても、施工が「イージー」とは思えないほど本格派仕様のフェンスです。



デメリット
(1) オーダーメイド品のため、ご購入前に「お見積もり依頼」が必須です。
(2) 既存のフェンス支柱を利用するため、設置するフェンスの高さに制限があります。
既存フェンスの高さ30センチまでを目安としていますが、強度を保証するもの
ではありませんので、お客様のご判断でお願いいたします。
(3) また、耐久性は既存のフェンス支柱に依存するため、フェンス支柱がさびたりして
劣化している場合、設置はできません。


このタイプのメリット
フェンスの表側と裏側、両方とも美観に優れる。
施工の難易度は低め。
このタイプのデメリット
既存のネットフェンスを外す必要がある
支柱間にフェンスユニットをはめ込むため、
採寸精度が求められる。


>>Case1タイプフェンスの施工資料
>>この写真の施工例はこちら


このタイプのメリット
既存のネットフェンスを外さずに設置できる
施工の難易度は低め。
このタイプのデメリット
フェンスの裏側の美観があまりよくない。
支柱間にフェンスユニットをはめ込むため、
採寸精度が求められる。
>>Case2タイプフェンスの施工資料




このタイプのメリット
既存のネットフェンスに、組み立て済みのウッドフェンスを金具で取り付けるだけなので
設置が極めて簡単。
部材点数が少ないため、コストパフォーマンスが高い。
このタイプのデメリット
既存フェンスが残るため、内側からはフェンスが見える状態になる。
対応デザインは、原則として「縦板」「ピケット」系のみ。

>>Case3タイプフェンスの施工事例

>>Case3タイプフェンス お客様施工事例

商品として販売を開始しました!詳細はこちら♪

イージーリフォームフェンス外付け用


このタイプのメリット
5タイプの中で一番価格が抑えられる。
支柱に直接横板を打ち付けるため、
すっきりとした印象のフェンスになる。
支柱に直接横板を打ち付けるため、
採寸精度は上の2タイプほど
求められない。
このタイプのデメリット
施工の難易度は低いが手間がかかる。
既存のネットフェンスを外す必要がある
シンプル横板フェンスのイージー
リフォームフェンスバージョンです。
>>Case4タイプフェンスの施工資料


>>この写真の施工例はこちら
このタイプのメリット
支柱の前にフェンスユニットを取り付けるため、連続したデザインのフェンスが可能。
支柱の前にフェンスユニットを取り付けるため、フェンスのピッチが崩れにくい。
(=支柱の間隔にフェンスピッチが依存しない)
支柱の前にフェンスユニットを取り付けるため、採寸精度は上の2タイプほど求められない。
コーナー部分に支柱がなくても大丈夫。
(=コーナー部分を埋めるための隙間用部材が必要にならない)
このタイプのデメリット
場合によっては現地カットが必要になるため、施工の難易度は少しだけ高め。
既存のネットフェンスを外す必要がある。
フェンスデザインは「縦板系」「ピケット系」のみ。
>>Case5タイプフェンスの施工資料





イージーリフォームフェンスは、オーダーメイド品のため、ご購入前に「お見積もり依頼」が必須です。
>>お見積もり依頼はこちらから





◆イージーリフォームフェンス お客様施工例◆

01 2016年6月
兵庫県にお住まいのKさんより、フェンス設置のお写真をいただきました!
[CASE 3]

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

(Kさんからのメッセージ)

分かりやすい取説、丁寧なご対応のおかげで無事施工も完了し、満足いく仕上がりになりました。
ありがとうございました。